2017年10月26日木曜日

実務第一、資格なんかいらないは本当か?

実務第一、資格なんかいらない


最近のビジネス書の多くの主張がこちらではないでしょうか?
ということで、僕は反論をしてみたいと思います。

もちろん、実務は第一です!

資格擁護派も、資格第一なんてことは言っていない。
その資格がなければ仕事ができないような専業資格であっても、実務第一、資格は第二程度なんでしょう。
資格だけあっても収入はありませんが、実務があれば資格がなくてもサポートができて収入は入ってきます。
専業資格以外であっても、資格は優先順位として第三以下かもしれません。

僕が「されど資格を!」と考えるわけ

僕自身、事業を興しているので、多くのビジネス書を参考にしますが、皆さんもきっと同じ、読む本が偏っていませんか?
いつも本屋さんの同じコーナーにばかり行って、世の中には他のいろいろなジャンルがあることに気付かないまま、そのジャンルは盲目となり、突き進んでしまうなんてことになってはいませんか?
資格にもいろいろありますが、資格はそういう趣味嗜好に走ってしまう事業家にとっては、興味のないものも学べるチャンス。
興味がなかったものへモチベーションを生み出す格好のツールだと思います。
たとえば、経営者が、経営学を学ぶのはうなずけますが、経済学をあえて基礎から学ぼうと思うでしょうか?
でも、経済学を学ぶことで経営に行かせるノウハウも必ずあるはずです。
これは中小企業診断士の例です。
市場の均衡点をつかめることで、次に取るべき戦略も決まってくる。新聞の情報を実務に転換できるのは、経済学の知識があるからだと思います。
趣味嗜好だけで独学を続けていると、抜け落ちる知識がきっと出てくるでしょう。

資格は外部効果より内部効果のため

だからこそ、必要ないと思っていても、ウェブのプロフィール欄に一行足せる程度の外部効果かもしれませんが、それ以上の内的効果があります。
資格は自分磨きの一つ。

それでも資格は不要という方

資格の代替えはメンター。コンサルタントでしょう。
とりわけ、そういう方は有資格者であることが多い。
結局はそういうところで、資格で学べる知識を活用していたわけです。
つまり、資格取得は将来のコストカットにもつながるという効果もあるわけですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿